原発

twilog の統計情報から follower 数の変化を数値で取り出す方法

ある Twitter ユーザが Twilog に登録している場合、その人の follower 数の推移などを見ることができます。例えば僕の場合、@AkiraOkumura だと、ここに行けば↓こういうグラフが見られます。この blog に幾つか原発関連の記事を書いたりしたことで、震災以…

施設名から経緯度を一括自動取得する方法

今さら感のある話題ですが、経緯度の公開されていない放射線量の自治体公開データから、住所や経緯度を一括で取得するやり方の説明をします。使用言語は Python です。Python 以外の言語でも、同じやり方でできるはず。1600 箇所の可視化、4400 箇所の可視化…

4 月 19 日に福島県災害対策本部原子力班と電話した内容

既に日本全国民が気がついているように、原子力災害の実情をどうやって可視化して政府や行政機関から正確な情報を伝えるのか、それが状況把握にいかに大切であるかということは論を待ちません。3 月 11 日以降に様々な測定が文科省や福島県によって行われま…

竹中平蔵を叩いてる人はどうしちゃったの?数学を使わない説明するからちゃんと読め

竹中平蔵氏が twitter で以下の発言をした。結論から言うと、「あえて単純計算」する限り竹中平蔵の算数は正しい。(こんなどうでもいい話より、このblog内で原発関係で今一番読んでもらいたいのはこれなので、併せて宜しくお願いします。) 30年で大地震の…

【遅いPC向け】福島県内 4,400 箇所の放射線量を可視化して、ついでに年間積算被曝量も推定してみた (記事の大部分を削除 2015/3/2)

このページは福島県内 4,400 箇所の放射線量を可視化して、ついでに年間積算被曝量も推定してみたを少しでも軽くするために、全ての地図を画像にしたものです。動作環境によっては閲覧が困難だったとの報告を頂いたため、丸々コピーしています。こちらの記事…

「物理の研究者から、どういう情報発信が足りていない、こんな情報が欲しいというのがあるでしょうか」という質問への返答のまとめ

togetter でやれよ、という突っ込みがあるかもしれないですが。先日、以下の質問を twitter でしたところ、幾つかお返事を頂けたので、ちょっと記録しておきます。 【質問】物理の研究者から、どういう情報発信が足りていない、こんな情報が欲しいというのが…

福島県内 4,400 箇所の放射線量を可視化して、ついでに年間積算被曝量も推定してみた

福島県内 1,600 箇所の放射線量を可視化してみたの続きです。説明をよく読んでから、図を眺めて下さい。また、1,600 箇所のほうの記事も併せてお読み下さい。長文ですので、体力のある方向け。絵は一番後ろのほうに出てきますが、飛ばし読みせず、可能な限り…

今さら放射線管理区域がどうこうと騒いでいるが…

僕が原発事故で最も印象的だったことは、行政から公表された数値を読解する能力が、日本の大手報道機関には欠如しているという事実です。もちろん、報道機関は報道機関であって研究機関ではないですし、曲がりなりにも物理学で博士号を持つ僕が、「日本のマ…

福島県内 1,600 箇所の放射線量を可視化してみた

最新版の 4,400 箇所の可視化も併せてご覧下さい。アクセス集中し過ぎて dropbox.com へのリンクが一時的に落ちてます。 福島県内の各種学校など、1,600 箇所以上で系統的に測定された放射線量を可視化してみました。これは、4 月 5 日から 4 月 7 日の期間…

SPEEDI の推定値と米国エネルギー省の推定値を比較してみた

専門家じゃないですからね。政治としては主観の入った論、科学としては一般論です。SPEEDI という原子力災害時の計算システムが、最近にわかに注目を集めています。僕も原発問題が起きるまで全く知りませんでした。その役割が、事故発生後から現在までの情報…

原発の対応について、僕が政府をそれほど疑っていない理由

専門家じゃないですからね。政治としては主観の入った論、科学としては一般論です。 目に見えない放射性物質、聞いていても分からない保安院や東京電力の説明、そして物理の素養があっても全く状況の掴めない原子炉の現在の状況。そこで出てくるのが、「政府…

放射線量率モニター更新中 (検索用キー:放射能)

ここ (本家) に各地で測定されている放射線量率モニターの値をまとめて可視化しました。本家は研究者向けなので、こちらに一般向けの解説とともに掲載します。原発騒動が一段落するまで、自動更新予定です。 ▲ 各地の時系列 (click で拡大) PDF 版 ※dropbox.…