読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

来年度 4 月から 1 年間ほど米国滞在します

2010 年 4 月から約 1 年間を目処に、Stanford 大学の関連機関である、SLAC というアメリカの研究機関に滞在します。4 月からの本来の所属は宇宙研ですが、長期出張という形で在外研究です。

宇宙研は神奈川県の相模原市にあります。東京の今のアパートからは遠いですが、4 月前半は電車で 2 時間弱かけて、のんびり通勤します。アパートを引き払い次第、4 月の中旬(今のところ 4 月 20 日渡航予定)に SLAC へ向かいます。

大きな地図で見る

SLAC はカリフォルニア州にあり、最寄りの大都市はサンフランシスコです (およそ 60 km くらい)。Apple の本社だとかに近い場所なので、Stanford 周辺のカフェのお客さんはほとんど Mac を使っているという素晴らしい土地柄。カリフォルニア「州」と言っても、アメリカなので日本の「県」とは大きさは全く違います。ざっと本州と同じくらいの面積があるので、例えば同じカリフォルニアのロサンゼルスでも、簡単に電車で行けるような距離ではありません。

下の地図で Stanford 大学のキャンパスも乗っていますが、日本の大学の感覚で見ると縮尺を間違えます。Stanford の敷地は、皇居の外堀の内側と同程度の面積です。チャリ通勤でも結構長いを距離を走らないと住宅地から通えません。

大きな地図で見る

博士論文作成のために、合計 6ヶ月近く住んだことのある場所なので、海外移住という感覚はあまりなく、単なる長期出張という感覚です。ワクワク感とかないです。