読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MacPorts でいつも入れる Package

新しい環境にしたり、MacPorts を入れ替えたりしたときに、いつも何を入れていたか忘れるので作業記録。

  • ptex +utf8 (LaTeX は最重要)
  • emacs22 +x11 (OS X 標準の Emacs だと X 使えない、Emacs 23 はよく分かんない)
  • gnuplot (たまーに使うことがあるが、基本は ROOT)
  • md5deep (MD5 を深い階層で)
  • p5-image-exiftool (EXIF の編集とか)
  • latexdiff (.tex の diff を取る)
  • ispell (Emacs の spell check)
  • graphviz (ROOT の HTML document 作成用)
  • imagemagick (画像関係色々)
  • popt (最近は使ってないが、RedHat 系の C の引数解析 library)
  • emacs-app
  • wget (cURL よりも打つ文字が少ないので)
  • ffmpeg +lame +libogg +vorbis +theora +faac +faad +xvid +x264 +a52 +dts (動画の処理)
  • lynx (遅い回線環境のときに web 閲覧で使う)

2011/12/19 更新分

  • python27*1
  • py27-scipy
  • py27-pip*2

*1:sudo port select --set python python27 を後で走らせる。

*2:easy_install を MacPorts 用に入れる必要があるため。