読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROOT を CMake で build してみる

ROOT C++

CMake の勉強がてら、ROOT 5.34.03 を CMake で build してみます。OS X 10.8.2 です。

$ ll $ROOTSYS
lrwxr-xr-x  1 root  wheel  20 Dec 18 14:30 /usr/local/root -> root_v5.34.03.source
$ cd $ROOTSYS
$ make clean
$ make distclean
$ cd ~
$ mkdir tmp
$ cd tmp
$ CC=clang CXX=clang++ cmake $ROOTSYS -Dminuit2=ON -Dgdml=ON -Dmathmore=ON
$ make -j 8
$ make install

cmake の実行の CC と CXX を設定しているのは、なぜかこれをやらないと GCC と Clang が混在して使用されてしまうからです。OS X 特有の問題と思いますが、ここを参考にして解決しました。

普段は make install をやっていないのですが、CMake を使う場合は build directory を分けるのが普通なので、make install して $ROOTSYS/lib などに install します。また、CMake の module を $ROOTSYS/cmake の下に入れる必要が後々出てくるので、これも make install がやってくれます。